スイス日本語教師の会について よくある質問(FAQ)

Q1 今度スイスに住むことになりました。日本語を教えたいと思っていますが、スイス日本語教師の会では教師の仕事を紹介してくれますか?

いいえ。スイス日本語教師の会は、教師の仕事の斡旋はしていません。 但し、会に問い合わせがあった件に関しては、会員の皆さんに情報を提供しています。

Q2 スイスで日本語教師の仕事をするためには、どうしたらいいですか?

会のウェブサイトの 日本語教育機関リスト にある各学校へ直接お問い合わせください。日本語教育機関リスト

Q3 スイスでの滞在許可、労働許可はどうなっていますか。

滞在許可にはいくつかの種類があり、労働が許可されないもの、許可されているものがあります。通常、労働許可を得るためには、先ずスイス国内で就職先を見つけ、 雇用主が労働許可を申請することになります。日本語教師として滞在許可(+労働許可)を得るのは、就職事情でも説明しましたが、100パーセントの常勤として雇用されるのは非常に難しいため、 ほとんど不可能と言わざるを得ない状況です。また、多くの語学学校では、労働許可を既に持っていることが仕事を得る一つの条件になっていることが多いのが実情です。 スイスで日本語教師を目指す方にも併せてお読みください。

Q4 スイスで日本語教師として働くために、有利な資格等がありますか。

日本語教師をするための必要な資格としては、現地高等学校、日本語学校補習校や日本語教室等では、日本の教員免許が必須です。大学等では、大学の日本語学科博士課程卒等の 条件があると思いますが、詳しいことは直接大学にお問い合わせください。他の語学学校に関しては、それぞれの語学学校で異なりますが、日本語教師としての経験、 日本語教育検定合格などの条件に加え、授業で使えるだけの現地語能力(各語圏の言語:ドイツ語、フランス語、あるいはイタリア語)がなければ採用されるのは難しいと思います。

Q5 スイス人の友人が日本語を習いたいと言っています。どこに問い合わせたらいいですか。

ページ左下の「Learn Japanese?」をクリックすると、スイス各地の日本語を教えている教育機関を検索出来るページが開きますので、ご希望の教育機関をお探しください。

Q6 日本語教師としての経験が全くありませんが、スイス日本語教師の会に入会できますか。

できません。入会条件は、営利、非営利機関を問わず、また個人教授も含めて、現在日本語を教えている人、ならびに過去1年以上の教授経験がある人となっています。詳しくは会のウェブサイト「Contact」からお問い合わせください。ただし、当会主催のセミナーには参加することが可能です、セミナーのお知らせは随時行なわれますので、詳細は当サイトのセミナーの項をご覧ください。

Q7 日本に住んでいますが、3月にスイスに旅行に行くのでセミナーに参加したいと思います。可能でしょうか。

はい、可能です。春の日本語教育セミナー、秋の分科会は、会員外の皆さんの参加も歓迎しています。会のサイト「Contact」からお問い合わせください。

Q8 将来、日本語教師になりたいと思っていますが、スイスには日本語教師養成の機関がありますか。

残念ながらありません。 当会では日本語教師の能力向上をはかるセミナーを定期的に行っており、これには非会員の方の参加が可能ですので、興味のある方は当会のサイトをごらんください。