ID:
タイトル:
分類:
著者、作者:
出版社:
出版年:

項目につきひとつの検索語(文)だけが有効です。IDと出版年は半角数字で入力して下さい。

 

 

2019年秋のセミナー申し込みは8月11日からです。

スイス日本語教師の会 入会申し込みについてのご案内 (2019年現在)

「スイス日本語教師の会」は1993 年6 月11 日にベルンで発足しました。スイスとリヒテンシュ タイン在住の日本語教師の質的向上を図り、スイスでの日本語教育の発展に寄与することを目的 としています。

 

1.会の名称 「スイス日本語教師の会」

独 :Verein der Japanisch-Lehrkraefte in der Schweiz(VJLS)

仏 :Association des enseignants de japonais en Suisse(AEJS)

英 :Association of Japanese Teachers in Switzerland(AJTS)

伊:Associazione degli insegnanti di giapponese in Svizzera (AIGS)

 

2. 入会資格

営利、非営利機関を問わず、また個人教授も含め、原則として現在スイス及びリヒテンシュタインで日 本語を教えていること、または過去に1年以上教えた経験のあることです。 入会は常時受け付けます。

3. 入会金と年会費

入会金は10 スイスフランで、年会費は70 スイスフランです。 年度は1月1日から12 月31 日です。 (秋のセミナー後に入会の場合は、年会費が半額になります。) 入会申し込み後、入会金と年会費が納入された時点で入会が認められます。 退会3年以内に再入会の際は、入会金10 フランは免除されます。

4. セミナー

春には「春のセミナー」を、秋には「秋のセミナー」を開催します。 セミナーは教師としての技術や知識を高める場であるとともに、会員同士の親睦を深め情 報や意見の交換ができる機会でもあります。

5.図書

当会は1000 点以上に及ぶ教材、図書、ビデオなどを所有しています。 会員はこれを借りることができます。

 

入会を希望する方はお問い合わせ contact をご利用の上、会までご連絡ください。

また、お申し込みと同時に会費と入会費の合計80フランを下記の郵便口座にお支払いください。 会計が入金を確認した時点で、入会が認められます。

口座番号 34-3009-0 口座名 Verein der Japanisch-Lehrkraefte in der Schweiz またはAssociation des enseignants de japonais en Suisse

スイス日本語教師の会のウエブサイト http//:www.kyoshi-kai.ch

            

 

            

 

 

  スイス日本語教師の会

 

 

会  則(2019年度版)

 

 

第1章    総    則

 

第1条    名称

本会の名称は 「スイス日本語教師の会」 とする。

独:Verein der Japanisch-Lehrkräfte in der Schweiz(VJLS)

仏:Association des enseignants de Japonais en Suisse(AEJS)

伊:Associazione degli insegnanti di giapponese in Svizzera (AIGS)

英:Association of Japanese teachers in Switzerland (AJTS)

 

 

第2条    所在地

本部所在地は会長宅とする。

 

第3条    目的

本会の目的はスイスで教鞭を取っている日本語教師の質的向上を図ることにある。この目的を達成するために以下の活動を行なう。

  1. 日本語教育セミナーの開催。
  2. 会員同士の情報交換および親睦。
  3. 日本語教育に関する教材や書籍等の助成申請、および図書の管理と貸し出し。

 

第2章    会    員

 

第4条    資格

資格者は営利、非営利機関を問わず、また個人教授も含めて、原則として現在日本語を教えている人、または過去1年以上の教授経験がある人とする。

 

第5条    入会

入会申し込み書を会長あてに提出し、これと同時に会費の納入を済ませたことをもって会員の資格を得る。

 

第6条    権利

  1. 総会における1票の投票権。
  2. 会所有の図書の閲覧権。
  3. 会の運営に関する発言権。
  4. 役員および会計監査員の選挙権ならびに被選挙権。
  5. 会の催し物や企画への優先的な参加権。

 

第7条 義務

  1. 本会則を順守すること。
  2. 年会費を期日までに納入すること。納入期限は前年度の12月末日とする。
  3. 会の諸活動に参加、協力すること。

 

第8条    退会または除名

  1. 退会する人は退会の1か月前までに、会長宛てに書面で通知しなければならない。
  2. 会則に違反したり、「スイス日本語教師の会」の利益を害したり、加入の条件を満たしていない会員は役員会によって除名されることがある。
  3. 退会または除名は、その会計年度の会費支払い義務を免除するものではない。

 

 

第3章    機    構

 

第9条    本会の機構は総会と役員会と会計監査から成る。

 

第10条    総会の権限

総会は「スイス日本語教師の会」の最高機関であり、以下の権限を有する。

  1. 会が追求する目的から生じるあらゆる問題を取り扱う。
  2. 年次報告と会計報告と予算を承認する。
  3. 会費額を決定する。
  4. 会長と役員と会計監査員を選ぶ。
  5. 会則の改正および会の解散を決定する。

 

第11条    総会の開催

  1. 総会は毎年一回、通常はセミナーの時に開かれる。
  2. 総会は役員会により書面で招集される。この場合、電子メールも書面の範疇に入るものとする。招集状は総会が行なわれる20日前までに、議事日程を添えて会員に送られなければならない。
  3. 議事日程に関する提案は書面で役員会宛てに、総会の10日前までに提出されなければならない。
  4. 総会に出席できない会員は委任状により、他の会員に代理を求めることができる。但し、議長を除くいかなる会員も自身のほか1名を越える会員を代理することはできない。代理人を決定できない事情がある場合は、議長に委任することができる。この場合、議長は複数の委任を受けることが出来るものとする。
  5. 臨時総会は会員の過半数の要求があった場合、あるいは役員会の決定に基づき招集される。

 

第12条    総会の議決

  1. 各会員は総会で1票の投票権がある。
  2. 議決および役員の選出は出席会員および代理委任状数の多数決によって決する。
  3. 賛否の票が同数の場合は、議長がどちらかに決める。

但し、第10条-5 にある会則の改正および会の解散を目的とする決定については、会員の2/3以上が参加する総会において、過半数以上の議決を必要とする。

 

第13条    役員会の構成

役員会は数名の役員で構成される。役員の職務には会長、副会長、会計係、図書係、広報係、書記があり、数名の役員がこれらの職務を分担して遂行する。

 

第14条    役員会の役割

  1. 会を代表する機関である。
  2. 総会の決定事項を実行する。
  3. 会員の加入、退会、除名の決定。
  4. セミナー開催の準備と遂行。
  5. 役員会議は必要に応じて開かれる。

 

第15条    役員の選出

役員は会員の中から候補を立て、総会で選出する。

 

第16条    会長の選出

会長は役員の中から候補を立て、総会で選出する。

 

第17条    役員の任期

役員の任期は原則として2年間とし、その後は交代も再任も可能とする。

 

第18条    会計監査員

会計監査員は2名とし、役員以外の会員から候補を立て、総会において選出する。

2年間の任期で、再任も可能とする。

 

第4章    財    務

 

第19条    「スイス日本語教師の会」の出費は会員の納めた会費と寄付により賄われる。

 

第20条    「スイス日本語教師の会」の諸契約には、会の財産のみが保証となる。

 

第21条    退会者および除名者は会の財産に対するいかなる権利も持たない。

 

第22条    会が解体した場合、残余の財産については役員会が提案し、総会が決定する。

 

第23条    会計年度は1月1日から12月31日とする。

 

 

第5章    発    効

 

第24条         この会則は2005年3月12日に行われた2005年度第12回総会での承認により、2005年5月1日より発効となる。

 

付記1「スイス日本語教師の会」は1993年 6月11日にベルンで設立された。設立時の会員数は28名であった。この会則は1998年版を改正したものである。

付記2 この会則は2019年第26回総会での承認により、2019年3月23日より発効となる。

 

 

スイス日本語教師の会主催 2019年秋のセミナー概要

 

日時: 2019年9月8日(日)

会場: 在スイス日本国大使館 本館多目的ホール
    Engestrasse 53、 3012 Bern 地図で確認
    Bern 中央駅からバス21番Bremgarten行きで5-8分。四つ目の停留所「Innere Enge」下車。在スイス日本国大使館はバス停のすぐ前。
    (ベルン中央駅から会場まで徒歩15-20分)

研修テーマ:

   「学び方指導の新しい展開―アクティブ・ラーニングとアクティビティ」

研修内容

  • セッション1,2はワークショップ形式で進行します。全身を使ってウォーミングアップアクティビティやドラマアクティビティなど、様々なアクティビティを実際に経験していただき、その経験を振り返る中で「学びの全身化」「学びの共同化」などの理論的な背景を学びます。
  • セッション3は主に講義と質疑です。21世紀の学び方改革の国際/国内的な動向とその実現可能性の鍵となる教師トレーニングの在り方と教師の専門性形成について考えます。

講師: 渡部淳博士(教育学)

   日本大学文理学部教授(教育実践研究、教育内容・方法論、ドラマ教育、アクティブ・ラーニング)

  • 日韓米の高校生が演劇的発表を創り出す「グローバル・クラス」など、数々の実験的プログラムの運営に携わり、教育における演劇的手法の可能性を国際的な視野で研究している。
  • 著書に、『国際感覚ってなんだろう』(岩波ジュニア新書)、『教育における演劇的知』(柏書房/第 42 回演劇教育賞・特別賞)、『教師 学びの演出家』(旬報社)、『大学生のための知のスキル表現のスキル』(東京図書)、『教育方法としてのドラマ』( ニーランズと共著、晩成書房)などがある。
  • 2006 年に「獲得型教育研究会」(http://www.kakutokuken.jp/)を創設し代表を務める。同研究会は「参加型アクティビティの体系化」と「教師研修プログラムの開発」を目的とし、研究書『教育におけるドラマ技法の探究』(明石書店)のほか、実践的なシリーズ本『学びを変えるドラマの手法』、『学びへのウォーミングアップ』『教育プレゼンテーション』(旬報社)、『参加型アクィティビティ入門』(学事出版)を刊行。

日程:

09:20-09:50

受付

10:00-10:15

開会挨拶と写真撮影

10:20-11:50

講義Ⅰ「セッション1 学習者の関係づくり入門」

11:50-13:20

昼食

13:20-14:50

講義Ⅱ「セッション2 グループワークのデザインと運用」

14:50-15:05

休憩

15:05-16:35

講義Ⅲ「セッション3 学び方改革とこれからの教師の役割」

16:35-16:55

質疑応答

17.00

閉会

 

研修会テーマに関わる参考文献・書籍

渡部淳 (2017)「アクティブ・ラーニングは可能か」『世界』2017年3月号 57-65.

渡部淳 (2017)「ドラマ教育の可能性」『日本語学』36-3, 52-62.

渡部淳(2001)『教育における演劇的知』柏書房

渡部淳(2007)『教師 学びの演出家』旬報社

J.ニーランズ+渡部淳(2009)『教育方法としてのドラマ』晩成書房

渡部淳+獲得型教育研究会(2010)『学びを変えるドラマの手法』旬報社

渡部淳+獲得型教育研究会(2011)『学びへのウォーミングアップ70の技法』旬報社

渡部淳+獲得型教育研究会(2014)『教育におけるドラマ技法の探究―「学びの体系化」に向けて』明石書店

渡部淳+獲得型教育研究会(2015)『教育プレゼンテーション―目的・技法・実践』旬報社

渡部淳+獲得型教育研究会(2018)『参加型アクティビティ入門』学事出版

 

資料1:

渡部淳+獲得研(2015)『教育プレゼンテーション―目的・技法・実践』から

 「「教育プレゼンテーションの特徴はそれが仲間と一緒に学ぶ共同の学びのツールであり、発表者と聴き手が全身的なコミュニケーションを通じて“お互いを豊かにすること(=互恵性)”をめざす学習活動だということにある。」

教育プレゼンテーション 30の技法 一覧』

資料2:

渡部淳+獲得研(2011)『学びへのウォーミングアップ70の技法』から

「私たちは、効果的なウォーミングアップを通じて、心と身体をときほぐすことこそ、豊かで深い学びの成立を準備する近道であり、これからの教師には、学習者の“思いを声に出す勇気、動き出せる身体”を育む知恵が求められている、と考えている。」

 →『コミュニケーションの土壌を耕す70の技法 』

 

変化し続ける日本語教育において、学習者の成長を願う”考える日本語教師”のための「スイス日本語教師の会研修シリーズ」。皆様の参加をお待ちしています。

 

申し込み(申し込みは8月11日から)

セミナー参加費

会員 35フラン、非会員 55フラン (休憩時の飲み物、お菓子等を含む。昼食代別)

お弁当、会員、非会員共に23フラン *お弁当はセミナー費には含まれず、注文制になります。セミナー費のお支払いの際に含めてお支払いください。当日現金での購入はできません。

キャンセルの条件

9月5日までは参加費全額返却。9月6日以降は返却なし。
セミナー参加のキャンセルは、ホームページの Contact からお願いします。

申し込み締切

8月30日(金)

申し込み方法

ウェブサイト/ホームページ(www.kyoshi-kai.ch)の『セミナー申し込み』から、またはこちらから申し込みをしてください。ホームページが正しく表示されない場合は、最新版のブラウザをダウンロードしてください。それでも解決しない場合はご連絡ください。
参加費の支払いをもって申し込み完了と致します。申し込み時に参加費も併せてお支払いください。
今回のセミナーは、会場の都合で、定員を60名とさせていただきますので、お申し込みはお早めに。

支払い方法

お支払いは下記の口座まで。

独) Verein der Japanisch-Lehrkräfte in der Schweiz 6004 Luzern
又は
仏) Association des enseignants de Japonais en Suisse 6004 Luzern
口座番号:34-3009-0 IBAN : CH79 0900 0000 3400 3009 0

ポストの窓口で支払われる場合(手数料がかかります。)
手数料は会口座から引かれますので、それを加えてお支払いくださるようお願いいたします。手数料は、振り込み金額が100フラン以下のときは1.80フラン、100フラン以上振り込むときは2.35フランです。

参加費等のお問い合わせは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。からお願いします。
領収書は当日お渡しいたします。

お願い

動きやすい服装でお越しください。また、会場入り口で身分証明書の提示を求められます。パスポートかIDをお持ちください。
休憩時、昼食時の飲み物用に、マイカップをお持ちください。

問い合わせ:

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 からお問い合わせください。

スイスの日本語教師採用事情の問い合わせの前にはこちらを必ずお読みください。 スイス日本語教師の会について よくある質問(FAQ)

会員ログイン